• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で人気のリノベーション費用や方法は?

一生を過ごすことになる住居について、真剣に考えたことがある人も少なくありません。人にとって住まいは、暮らしの基盤となるものです。しかし、マンションでも戸建でも決して安価ではない支出を伴います。できるだけ費用をかけず、居心地の良い住まいを手に入れたいと誰しも望んでいます。
住まいの建築には、一から始める新築と、今ある建物を手直しする改築があります。後者は大きくリフォームとリノベーションに分けられます。
リフォームとは、古い建築物を元の状態に戻すことをいいます。年月を経て老朽化した住居を、改めてきれいにする作業です。リノベーションは、現在の建物に手を加えることで新しい機能や役割を与え、住まいの価値をより高めます。大阪では、費用をおさえたリノベーションが、昨今活発に行われています。

リフォームと違うところは?

古くなった建物を元に戻すリフォームでは、外壁の塗装をはじめキッチンの設備交換、壁紙やクロスの張り替えなど、部分的な手直しが中心となります。各部位ごとに設定される費用は、どこをどのように直すか、オーダーの内容によって上下します。既存の設備に手を加える施工より、一度設備を撤去してから行う施工のほうが当然費用は高くなり、老朽化のレベルに応じて工事の規模も異なります。
リノベーションでは、さらに大がかりな工事が行われます。部分的ではなく全体的な施工となるため、選択肢がぐっと広がります。間取りやデザインを全て新しくしたり、使われている素材をまるごと交換したりすることで、元の状態を超える仕上がりを目指します。
今よりワンランク上の住まいを手に入れることが目的です。時代とともに、住居の機能は進歩しています。大阪では、住む人のライフスタイルに合わせた、オリジナルのリノベーションが人気を集めています。

新築と違うところは?

まったくゼロの状態から土地を選び、設計を起こす新築には、並々ならぬ費用と労力がかかります。リノベーションなら、物件の条件を活かして費用をおさえ、なおかつ自由に作り変える楽しみがあります。大阪でリフォームや新築より人気があるのも、住む人それぞれのアイディアを柔軟に取り入れられるからでしょう。
一例として、建物の基本的な構造だけ残して解体撤去してしまい、内装や設備機器をすべて刷新するスケルトンリノベーションがあげられます。主にマンションのリノベーションに用いられる手法で、1平米あたりにつき費用が設定されることが多いです。戸建の場合、外観を含め施工が多岐にわたるため、費用は工事の内容次第となります。

営業時間は平日9時から20時、土日祝は 9時から17時45分までです。ただし、年末年始の12/29から1/3は休業日となります。 単身・シェアハウスでも入居可能で、保証人なしも可・法人契約も対応します。 特定優良賃貸住宅とは収入が一定の基準の範囲で、住宅を必要とする方に、家賃の一部を国と大阪府が補助することです。 リノベーションは大阪の費用相談は大阪府住宅供給公社

ピックアップ記事

大阪で水回りのリノベーション、注意点や費用は?

より良い住まいを目指し、大阪の建物をリノベーションする時、もっとも重要なのは水回りです。キッチンやバスルーム、トイレなど、住居スペースのうち、水を扱う場所や設備を指して水回りといいます。これらの配置と...