• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪で水回りのリノベーション、注意点や費用は?

より良い住まいを目指し、大阪の建物をリノベーションする時、もっとも重要なのは水回りです。キッチンやバスルーム、トイレなど、住居スペースのうち、水を扱う場所や設備を指して水回りといいます。これらの配置と機能は、家の住み心地を大きく左右します。
いくらリビングルームを素敵なデザインに仕上げても、水回りに不具合があれば、たちまちトラブルへとつながります。リノベーションに際し、建物の配管と給排水のチェックは必須です。水回りの不具合による水漏れやカビの発生は、生活環境に深刻な問題を引き起こします。
水回りのリノベーションは、不具合を未然に防ぎ快適な暮らしができます。箇所や設備レベルごとにいくぶん費用の幅が見られ、大阪では、安価なものからその倍額となるものまで、各種設けられています。

水回りを司るパイプスペース

建物には、給排水を行う配管が備えられています。それぞれの配管をたどれば、基礎配管となるパイプスペースに連結しています。キッチン、バスルームおよび洗面所から出る排水と、トイレの汚水とは別々に分けて流さなければならないため、通常パイプスペースは2か所以上に設置されています。パイプスペースには給排水管の他、ガス管なども集約されており、その位置や構造が間取りに直接影響することになります。
マンションの場合、パイプスペースは共用部分となり、個人で勝手に手を加えることができません。マンションのリノベーションを行うなら、とりわけパイプスペースに注意しておく必要があります。大阪で築30年以上の戸建をリノベーションするなら、パイプスペースを新しく交換するのがベターです。旧式の配管は、割れたり外れたりしているおそれがあり、知らないうちに水漏れが進行していることもあります。

機能的な水回りの工事で費用をおさえるコツ

リノベーションにおいては、水回りの動線と機能性が暮らしの快適さを引き出します。家族の共有スペースであり、複数人いっしょに使うこともある水回りには、移動しやすいスムーズな動線の確保が求められます。システムキッチンや水栓器具、浴槽や便器など設備一つひとつに対しても、住む人の使い勝手が良く、ライフスタイルに合った機能性が重要です。
メーカーにこだわらなければ、水回りの費用は安く抑えることができます。また、キッチンの工事、バスルームの工事と、それぞれの水回りごとに分けた施工ではなく、まとめて行う工事が費用を削減するコツです。大阪では、水回りの工事を一元化することで、大幅なコストダウンを実現したリノベーション会社があります。

ピックアップ記事

大阪で水回りのリノベーション、注意点や費用は?

より良い住まいを目指し、大阪の建物をリノベーションする時、もっとも重要なのは水回りです。キッチンやバスルーム、トイレなど、住居スペースのうち、水を扱う場所や設備を指して水回りといいます。これらの配置と...