下肢静脈瘤の最新治療事情について

下肢静脈瘤は、足の血管が浮き出てこぶ状に膨らんだり、むくみやかゆみ、皮膚の変色や疲れやすさといった症状が現れます。下肢の血液は、足の運動によって心臓に戻ります。また、静脈には血液の逆流を防ぐための弁があり、血液が下に戻らないように食い止める働きをしています。この逆流防止弁が、足の付け根や膝の裏といった太い静脈血管の合流部で壊れてしまうと、これが原因となって下肢に血液がたまり、静脈がこぶ状に膨らむ下肢静脈瘤となります。根治的な治療法に、ストリッピング手術があります。これは古くから行われている方法で、弁不全を起こしている静脈を引き抜く手術です。病院により異なりますが、一週間ほどの入院の場合は、全身麻酔あるいは下半身麻酔で行います。最近では、外来で日帰り手術を行う病院も増えています。この方法は再発率が低く、確実に治すことが可能です。また、保存療法もしくは圧迫療法という治療法があります。この方法は、医療用の弾性ストッキングや弾性包帯で下肢に適度な圧力を与えることによって、下肢の深部にある静脈への流れを助けるものです。弾性ストッキングは以前のものと比べて、デザインが改善され、サイズや仕様の選択肢も増えています。しかしこの方法は、症状の現状維持や進行防止にとどまります。

下肢静脈瘤の最新治療法として、血管内レーザー治療による血管閉塞法が保険診療と自由診療の両方で行われるようになりました。これは保険が適応になる機器と、保険適応外の最新機器を使用することによる違いがあります。従来のストリッピング手術では高い根治率ではあるものの、麻酔を要することや切開によって体に負担が多くかかりました。現在ではレーザー機器の飛躍的な改良によって、血管閉塞率や術後の内出血、痛みも改善されています。最新のレーザー機器は、日帰り手術が可能であり、術後の痛み止めがほとんど不要です。血管内を通るレーザー照射部のレーザーファイバーの先端が丸いことが特徴で、手術時間を短縮し、安全性の高い治療を提供することが可能になりました。このレーザー機器は波長が長く、血管の壁を変性させて収縮させる性質があり、一定間隔で断続的にレーザーを照射することが可能なため、治療部位が高温になることはありません。そのため血管とその周囲に炎症が起こらず、感染のリスクや体へのダメージを最小限度にとどめることが出来るのです。レーザー治療は、局所麻酔のみで30分前後の治療時間を要します。レーザーで血管内から治療を行うため、注射と同じく切開の必要がありません。傷跡もほとんど目立たず、日常生活に早期に復帰することが出来ます。