包茎手術の乗り越えかた

包茎手術をするときのネックは、
医師の方に自分のペニスを見られる恥かしさを
いかにして乗り越えるかだと思います。
なにせ男性スタッフだから安心とはいえ、
自分ひとりが下半身を露出するのには
抵抗があるからです。
これにはいろんな方法があるかと思いますが、
まずは大事な部分を人に見られることに
馴れてみるというのもひとつの方法かもしれません。
子供じみている方法ですが、
まずは銭湯からの特訓です。
銭湯でタオルでペニスをかくさずに着替えて、
そして身体を洗う。
お風呂につかるなど、すべて
人にいつでもペニスをみられてもいいよという意識で銭湯に入ります。
こうすることで、自分のペニスを他人に見られるということに
馴れてきますので、こうしたイメージをもって
包茎手術に挑むのはいかがでしょうか。
先生に見られるときも自分の中の良いイメージを使って、
ここは銭湯だから下半身をみせても大丈夫と
自分で思うことで、普通に見せるよりかずっとこころが
軽くなっているかと思います。