育英年金の受取人は誰になるの?

日常生活の様々なリスクを補てんする保険には、医療保険、生命保険、火災保険、地震保険などなど、様々な種類のものがあります。中でも最も身近なものが、医療保険や生命保険ではないでしょうか。病気やケガで治療が必要な時、医療費の心配をせずに治療に専念することが出来るのが医療保険のメリットであり、自分に万が一のことがあった時に、残された妻や子供が生活に困らないように加入するものが生命保険です。これらの保険は、結婚や出産を機会に加入する方が多いものですが、子供の誕生を機に加入を検討される方が多い保険商品に「学資保険」があります。「学資保険」とは、主に子供の教育資金のために加入するタイプの保険です。中には、子供の医療保険を兼ねているものもあります。毎月決められた保険料を支払うことで、子どもの入学時に合わせて保険金が支払われる仕組みになっています。この保険の特徴として、「育英年金」というものがあるのをご存知でしょうか。学資保険の「育英年金」とは、加入者(通常は親)に万が一のこと(死亡・高度障害など)があった場合、その後の保険料支払いはなくなり、学資保険契約の満期時まで、所定の年金が子供の養育・教育費用として支払われるものです。親が子供のために入る生命保険の一つであるとも言えます。ただし、育英年金には、あまり知られていない問題点がありますので、育英年金付きの学資保険の加入をする場合には、検討が必要だと思われます。育英年金付き学資保険のデメリットは、一般の学資保険に比べて掛け金が割高なこと、満期まで加入しても受け取る保険金が支払い保険料の額を下回る可能性があること、などですが、何よりも覚えておいて頂きたいのが、「子供が扶養親族を外れる可能性があること」です。その理由は、育英年金の受取人が、原則として子供とされているためです。支払われる年金額が子供の所得となりますので、その金額によっては、父親が亡くなった後に母親の被扶養者となれない可能性があると言う、大きなリスクがあります。日本では、保険の受取人には、所定の計算で産出された税金を納める義務もありますので、年金の受取人が子供であろうとも、課税対象にもなりえます。母子家庭あるいは父子家庭には、行政の扶助制度がありますが、高額な年金支払いを受けた子供は、これらの制度対象から外れることもありますので、学資保険に加入する際には、様々な側面からメリット・デメリットを検証する必要があるでしょう。