返戻率が高い学資保険

学資保険とは、子供の教育資金確保を主な目的とした貯蓄タイプの商品です。積み立てた保険料を、子供の入学時などにあわせて一時金や年金として受け取ることが出来る保険です。子供が小さくあまり教育資金が必要でない時期から開始して、大学入学時など高額な教育時金が必要な時にまとまった額を受け取る方式です。保険料を継続して払い続けなければいけませんが、毎月引き落とされるので計画的に貯蓄が出来る利点があります。払った保険料は、他保険と同様に、生命保険料控除の対象となります。子供の教育資金確保が目的である学資保険ですが、子供の死亡保障や医療保障の特約を付けることも可能です。災害特約や高度障害特約に加えて、親の死亡に対する保障も付ける事も可能です。各保険会社で様々な特約を付けた学資保険が存在しますが、ここで注意しなければいけないのは、この種の特約を付ければ付ける程、返戻率が低くなる点です。主契約である教育資金確保の為の掛け金と合わせて、特約分の保険料も発生するので全体の保険料から考えると返戻率は下がるからです。従って、貯蓄性を重視し返戻率を商品選びの上位に考えている方は、よりシンプルな商品がよいかもしれません。次の注意点は、どんなに返戻率の高い商品でも保険期間の途中で解約をすると確実に元本割れになる事です。貯蓄性を高めて、中途解約をしない為には、払い続けられる保険料なのか、適正な保険金額なのかを充分に検討してからのご加入が大切です。また、貯蓄性より、子供や家族の生活を守ることを第一に考えたいと考える方には、保険契約者が亡くなってからは保険料が免除され保険料を支払う必要がないタイプや、死亡時から保険期間満了まで育英年金が子供に支払われるタイプの保険をお勧めします。ただし、ご加入前には、自分の生命保険の死亡保障額の確認が必要です。親の生命保険の死亡保障額が生活費+教育資金まで充分にカバーしているのであれば、親の死亡特約は特に必要はなくなるからです。自分の加入している保険を全体でみてから何がどの程度不足しているか、どの部分が重複しているかを把握する事が必要でウs。返戻率とは、保険選びの道具のひとつです。支払った保険料に対してどれだけ戻りがあるかは確かに大切な指標ですが、返戻率だけに振り回されてはいけません。何のために保険に加入するのか? 自分にとって保険で守らなければならない大切な物は何かを明確にすることが何よりも一番大切です。