返戻率とは

生命保険等によくある文言として「返戻率」という言葉があります。保険はただでさえ難しいものです。その中で自分にとってどのようなメリットが生じるのかデメリットが生じるのかを知る上でもまずは言葉を理解してみましょう。わからなかったことが少しはわかりやすくなるでしょう。返戻率とは文字通り返り戻ってくる率のことです。生命保険には掛け捨てのものと貯蓄性を備えたものという大きく二つのくくりがあります。その中で大きく関係してくるのは貯蓄性を備えた保険です。たくさんお金をかけるのだから少しでも多くしてお金を戻したい、これは人の素直な感情です。ではどうすればそのような保険に巡り合えるのか。これは一つに返戻率の大きな保険を選ぶ、ということが条件になってきます。例えば100万円を10年間預けて10年後に満期を迎える保険があるとします。その場合に利率が110%という商品は最終的に10年後に110万円になってお金が戻ってきます。他にも108%の利率の商品があった場合は10年後に108万円になってお金が戻ってくるのです。この利率は商品やかける時期、期間によって異なってくる為、何年間かけたいのか、どれくらいのお金をかけたいのか、どれくらいのお金にして戻したいのかを考えることが重要です。そして同じ保障の商品であったとしても保険会社によって利率が違いますので、その違いを返戻率で見て、より利率の良いところの保険商品を選ぶ、ということが大切です。どうしても選びきれない、という場合にはやはり専門家に頼るのも方法の一つです。満期を迎えない商品であったとしても解約返戻率という、解約した時点でどれくらいのお金が戻ってくるか、ということを表す指標もありますので、一つの目安とするうといいでしょう。解約の場合でも返戻金がかけたお金に対して返戻金がどれくらい戻ってくるのかを保険商品毎に確認して選んでいくことが大切になってきます。しかしながら近年では、金融商品の利率が引き下げられることが多くなってきており、保険商品に関してもその限りではありません。そのため、少しでも良い利率のものを探す為にはファイナンシャルプランナーやいくつもの保険商品を扱うような保険代理店との出会いが大切になってくるのです。みなさんの大切な資産を適切に尚かつしっかりとした利益を得られるものにする為にも返戻率、という言葉を理解して商品を選んでいくことが必要不可欠になってくるでしょう。