学資保険と銀行預金それぞれのメリット

お子様の将来の教育資金のために、積み立てを考えている方も多いでしょう。積み立ても銀行預金だけとは限りません。学資保険という選択肢もあります。預金と学資保険はそれぞれどんな特徴があるのか、比較してみましょう。預金は元本割れがありません。銀行が破たんしても、1000万円までは保障されます。使い道が制限されませんので、必要なときに途中解約も自由にできます。安心して預けることができますが、昨今は低金利が続いてますので大きな運用益は望めません。学資保険は貯蓄性の高いものと医療保険を組み合わせたものがあります。祝い金や満期金を契約時に決めた子供の年齢に合わせて保険金を受け取れます。貯蓄性の高いものならば、銀行預金よりも大きなリターンが望めます。また学資保険は契約者である保護者が死亡したり高度障害を患ったときなど、保険料の納付が困難な状況になった場合、以降の保険料を免除する仕組みがあります。保険料が免除されても、祝い金や満期は予定通り受け取れます。これは、預金にはない保険ならではの制度です。さらに学資保険は税金の面でもメリットがあります。所得税から控除の対象になります。また祝い金や満期金は一時所得の扱いになり、所得税の対象になりますが、受け取る額が支払った総額を引いて50万以下になるときには税金がかかりません。学資保険のデメリットとして、途中解約がし辛いことと途中解約すると元本割れの可能性があることがあります。最初に受け取る額が決まっているので、今後低金利から高金利になった場合には運用の観点からは不利になります。保護者の死亡などには保険料免除の救済措置がありますが、給料の減額や退職などの場合はこの救済措置の対象にはなりません。医療保険と組み合わせたものは保険料がその分高くなりますし、受け取る保険金も支払った額に対して少なくなります。ものによっては元本よりも受け取る額が少なくなります。将来の教育資金に備えておきたい人は、この点に注意して保険を選ぶ必要があります。受け取れる額は契約時に分かっていますので、支払う保険料と合わせて計算しておきましょう。契約の前に、しっかりと内容を理解することが重要です。分からないことは理解できるまで担当の人に聞きましょう。保険は大きな買い物になります。預金ならばいつでも気軽に始められますが、保険は気軽に契約するのではなく慎重に将来の展望を見据えて、計画的に利用しましょう。