育英年金の意味を知っていますか?

結婚や子供の誕生を機に、生命保険に加入する方が増えています。それは、扶養するべき家族が出来た時に、自分に万が一のことがあった場合の、残された家族の生活を心配するからだろうと思われます。特に、小さな子供がいるご家庭では、一家の大黒柱である父親(あるいは母親)が亡くなってしまったり高度障害になり働くことが出来なくなった時に、子どもの養育・教育にかかる費用が心配になるのではないでしょうか。また、子どもの誕生を機に加入する方が多いのが学資保険です。学資保険には育英年金付き学資保険というものがあるのをご存知でしょうか。初めて学資保険に加入される方は、育英年金についての知識が必要かもしれません。メリットがある半面デメリットも大きな保険商品ですので、加入する際には保険の内容に納得する必要があります。育英年金は養育年金と呼ばれることもあるもので、学資保険の加入者が万が一死亡あるいは高度障害となった際に、その後の保険料の支払いを免除し、契約期間が満了するまでの間、毎年決まった額の年金を受け取ることが出来るものです。父親(母親)が亡くなった後も、子どもが費用の心配をせずに従来通りの生活を維持し、希望する高校・大学などへの進学を目的として加入する保険であり、一種の生命保険としての意味合いを持っています。また、育英年金付き学資保険の中には、子供の医療保険も兼ねているものもあり、学資保険の加入をケントスしている方には魅力的な保険商品であると写っているようです。ただし、育英年金の意味を理解するためには、背景に隠れたデメリットを知る必要があります。加入者が本来希望している意味合いとは異なる結果に導かれる可能性があります。それは、育英年金の受取人が原則として「子供」であることに起因します。日本では子供であっても取得には税金が発生しますので、年金額が大きければ納税義務があること、そして年金額によっては親の被扶養者から外れてしまう可能性があります。行政では、一人親家庭に対して様々な公的補助制度を設けていますが、子どもが親の扶養から外れることで、公的な扶助を受けることが出来なくなる可能性もあります。これらのことは、大きなデメリットでありますが、学資保険の商品説明には書かれていないのではないでしょうか。その他、この保険は、満期までかけ続けた時の受取保険金が、支払保険金に満たないことがあると言うことも、知識として持っておかなければいけないでしょう。